シェアスペース土井見世を利用する

三重県尾鷲市の登録有形文化財「見世土井家住宅」は、安藤喜八郎の設計により昭和6年に建てられた和風モダニズム建築。アール・デコ様式の意匠や数寄屋座敷など、和と洋の移りゆく階調が美しく調和した空間は、尾鷲市有数の山林経営家であった見世土井家の暮らしぶりを今に伝えています。
 このおおきな家を後代へ継承していくため、そして、尾鷲における新規事業の創出と、ゆるやかな関係人口づくりの拠点として再生すべく、見世土井家とNPO法人おわせ暮らしサポートセンターの協働により、シェアオフィス&コワーキングスペース「シェアスペース土井見世」としての活用が始められています。
住所:三重県尾鷲市朝日町14番2号
営業時間:10:00~17:00 (時間外要相談)
使用可能エリア:1階20畳和室・1階洋間・2階20畳和室・庭 (見学可能)
使用用途:ミーティング・会議・写真撮影・公演、イベント等々
イベント実施例や利用の様子はこちらから見られます。

料金表

※現在準備中

予約フォーム

※現在準備中

土井見世に興味のある方はこちらのページをご覧ください。

駐車スペースが限られております。
お越しの方は、事前にお問い合わせください。